坐 禅

「坐禅は安楽の法門である。何も考えないで、教えられたように黙って坐ればよい。
坐った姿は仏さまの姿であり、その心は仏さまの心である。」


道元禅師様は「ただわが身をも心をもはなちわすれて、仏のいへになげいれて、
仏のかたよりおこなはれて、これにしたがひもてゆくとき、ちからをもいれず、
こころをもつひやさずして、生死をはなれ仏となる」と、このようにお示しになっておられます。
私たちは静かに坐につくことによりさわやかになり、いつしかその身そのまま、
仏の世界に安住している自分を知ることができます。坐を重ねれば重ねるほど、
坐の時の仏心が、平素の人格となり、他の人々を感化する力、導く力となってあらわれます。
それを坐禅の妙徳と申します。


坐禅作法
1. 合掌(がっしょう)
相手に尊敬の念を表すことです。両手の掌を合わせて、腕を胸襟に近づけずひじを張り、指の先を鼻の高さに揃えます。
2.叉手(しゃしゅ)
歩く時の手の作法です。左手の親指を中にして拳を作り、これを胸に軽く当てて右手の掌でこれをおおいます。
3.隣位問訊(りんいもんじん)
坐る前の両隣の人への挨拶です。自分の単(たん)の前に着いたら、その場に向かって合掌し低頭します。
4.対坐問訊(たいざもんじん)
坐る前の向かいの人への挨拶です。隣位問訊をしたら、右回りをして向かいに坐っている人に合掌し低頭します。

5.結跏趺坐(けっかふざ)
両足を組む坐り方です。対坐問訊が終わったら、坐蒲(ざふ)を180度回転させます。その後坐蒲の上に腰を下ろし、足を組みます。先ず右の足を左の股の上にのせ、次に左の足を右の股の上にのせ、左手を坐蒲に添え、右手は床をおさえ、体を坐蒲と共に右回りをして壁に向かいます。これを面壁(めんぺき)といいます。


6.半跏趺坐(はんかふざ)
結跏趺坐ができない人は左の足のみを右の股の上にのせる半跏趺坐をします。
※結跏趺坐でも半跏趺坐でも肝要なのは、両膝とお尻の三点で上体を支えることです。自分の体に合った坐蒲を使用し、坐蒲の半分より手前に坐り、両膝を確実に地に付けましょう。
坐布
7.上体の作法
脚を組んだ後の姿勢です。両脚のまわりの衣服を整え、背骨をまっすぐにのばし、お尻を後方に突き出すようにして腰にきまりをつけます。両肩の力を抜き、腰の骨をまっすぐにのばし、首筋には力をいれず、顎を引き、頭で天を突き上げるようにします。

8.法界定印(ほっかいじょういん)
足を組んだ時の手の形です。右の掌を上向きにして組んだ足の上に置き、その上に左の掌を同じように上向きにしておき、両手の親指の先をかすかに接触させます。力をいれておしてはいけませんが、決して離してもいけません。手の形が卵形のようになるようにします。
9.目の作法
視線です。目は決して閉じてはいけません。半眼(半分開けた状態)にして、およそ1メートル前方、約45度の角度に落とします。
10.欠気一息(かんきいっそく)
形を正したところで行う呼吸です。深々と息を口から吐き出し、出し切ったところで鼻から吸い込みます。この深呼吸を数回行った後は、自然と鼻からの呼吸にまかせます。
11.口の作法
舌の位置です。舌の先を上の歯の内側につけ、口を真一文字に結んで、開けたり動かしたりしてはいけません。
12.左右揺振(さゆうようしん)
身体を落ち着かせるために行います。両手の掌を上にして膝に置き、上半身を振り子のように左右に10数回揺り動かします。始めは大きく、徐々に小さくしながら、最後に身体の中心線で止めます。
※法界定印のまま左右揺振する場合もあります。

13.思いをはなつ
さまざまな思いにとらわれないことです。お臍の下の丹田に意識を集め、目に映るもの、耳に聞こえる音、漂う香り、心に浮かぶ思いなどに引き込まれないようにします。

14.止静鐘(しじょうしょう)
坐禅の始まる合図です。参禅者の身相が整う頃、堂頭(どうちょう)和尚が入堂して堂内を一巡し、正しい坐にあるかを点検します。これを検単(けんたん)といいます。堂頭和尚が自分の後ろに巡ってきた時は合掌をし、通り過ぎた後で法界定印に戻します。この後、鐘が3回鳴ります。止静鐘が鳴ったら堂内への出入りはできません。
15.警策(きょうさく)
心のゆるみを警めるために行われます。睡魔に襲われたり、心が乱れた時などに自分から受ける方法と、眠っている人に直堂(じきどう;堂内を監督し、警策を行ずる者)の方から入れる方法があります。どちらの場合も、右肩を軽く打って予告されます。打たれたら、合掌して少し前かがみになり、首をやや左に傾け右肩を開けるようにします。受け終わったら合掌低頭の後、法界定印に戻します。警策を自ら希望する者は、合掌をしながら直堂が近づくのを待ちます。

16.経行(きんひん)
坐禅が長時間行われる場合、堂内をゆるやかに静かに歩行することです。坐禅中に経行鐘がなったら(2回鳴ります)、合掌低頭し、左右揺振した後に組んだ足を解きゆっくりと静かに立ち上がります。坐蒲を直し、隣位問訊、対座問訊します。叉手の状態で、呼吸を整えながら、最初の歩を右足より出します。列の前後を等間隔に保ち、堂内を右回りに緩歩します。緩歩の方法は一呼吸に半歩の前進です。息を吸い吐く間に、足の甲の長さの半分だけ歩を進めるのです。先ず右足を半歩進め、次に左足を右足の位置まで半歩進めます。この動作を呼吸と共に繰り返すのです。呼吸の仕方や状態の姿勢、目や口元などは坐禅の場合と同じです。抽解鐘(ちゅうかいしょう)を聞いたら(1回鳴ります)、直ちにその場で両足を揃えて止まり、叉手のまま低頭し、右足から普通の歩速で自分の単に戻り、隣位問訊、対坐問訊した後、坐禅を続けます。
※ 経行時の手の作法や歩の進め方は、寺院によって多少の違いがあるので、参禅したお寺の指示に従いましょう。


17.放禅鐘(ほうぜんしょう)
鐘が1回鳴ると終わりです。合掌し低頭した後、左右揺振します。今度は、はじめ小さく揺り動かしながら、だんだん大きくします。身体をほぐしたら右回りをして向きを変えます。そして、足を解きゆっくりと静かに立ち上がります。坐蒲を元の形に戻します。直し終わったら、隣位問訊、対坐問訊の後、叉手で退堂します。
注意事項
装身具、時計などははずし、靴下や足袋は脱いでおきましょう
服装はゆったりとしたものが良いでしょう
堂内を歩く時、聖僧様の前を横切ってはいけません
坐った時、隣の人にあわせて一列になるようにします
この作法は、現在永源寺で行っているものです